画像診断科のご案内

画像診断科

レントゲンやエコー検査、CT・MRIを使用し、検査・判断していくことを画像診断といいます。
外から見ることができない体の中を、X線や超音波、磁気を用いてみることができるようになり、診断の一助となります。画像診断科では、CT・MRIを中心に、病気の早期発見につなげています。

スタッフの紹介

獣医師

渡邉 豊

獣医師

篠原 正義

画像診断科に関係する病名

  • 脳腫瘍
  • 壊死性髄膜脳炎
  • 肉芽腫性髄膜脳炎
  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 水頭症
  • 椎間板ヘルニア
  • 脊髄空洞症

など

医療機器の紹介

エコー

超音波を用いて、腹部の臓器(腎臓・肝臓・脾臓・膀胱・胃腸など)を観察します。また心臓の形や動きを観察します。

エコー

レントゲン

X線を利用して、体の中の臓器の形・大きさ・位置を観察します。

レントゲン

CT

X線とコンピューターを利用して体の横断(輪切り)像を得ることができます。レントゲンよりも小さな病変も見つけることができます。またCTデータより3D画像を作り、手術支援を行います

CT

MRI

磁場を用いて、体の中を観察します。主に脳や脊髄神経を詳細に観察できます

MRI

ピックアップ Pick Up

供血ドナー募集のお知らせ エルザ フードストア エルザパートナーのご紹介 10月13日はペットの健康診断の日 エルザ動物病院グループは、ヴィクトリーナ姫路を応援しています