エルザ動物病院グループ採用情報

INTERVIEW BUILT TOGETHER, AN ANIMAL HOSPITAL JUST AS IT WAS MADE TO BE

15

2015年入職
動物看護師 リハビリ科 栄養科

萩原 大

DAI HAGIWARA

奈良県斑鳩町出身

動物だけでなく飼主さまも
元気にできるとてもやりがいのある仕事。

BUILT TOGETHER, AN ANIMAL HOSPITAL JUST AS IT WAS MADE TO BE

01

小さい頃から自然や生き物が好きで、大学では農学部を選択。就職活動を進める中で、好きだった動物に関わる仕事をしたいと考えるようになり、その中でも病気の動物を助けるという動物医療の世界に興味を持ちました。専門的な勉強をしてきたわけではないので不安もありましたが、とにかく興味を持ったものには何でも挑戦する性格だったので、就活サイトで検索して見つけたエルザの実習に参加。

実習では、はじめて目にする動物医療の世界に圧倒されましたが、決め手となったのは亡くなった動物を飼主さまにお返しする場面に立ち会ったこと。涙を流してお礼を伝えてくださる飼主さまを目の前に、少しでも多くの動物を助け、飼主さまも動物にも笑顔になってもらいたいと強く思ったのです。

02

実際に働いてみて、エルザは動物看護師の裁量がとても大きいと感じます。治療の補助だけでなく、病院がうまく回るように全体の流れを指揮するなど、動物看護師に任せられる範囲が広い。その分やりがいも大きいですね。当初は動物を元気にすることで精一杯でしたが、最近では飼主さまが抱える不安を取り除けるような接し方を意識するようになりました。先生の説明が伝わりきっていない場合は補足したり、困っている様子ならこちらから声をかけて相談に乗ることは常に意識しています。

特に医療センターは規模が大きいが故に期待されて来院される方が多いので、大切な家族であるペットが大勢の中の一頭として扱われていると、飼主さまに誤解させてしまうかもしれません。たくさんの方がいらっしゃるからこそ、細かい対応一つひとつに気を配って、飼主さまに安心していただけるように注意しています。

03

専門的な勉強をせずに動物看護師になった僕も、入職5年目を迎えて後輩の指導を任される立場になりました。自分はフィーリングで学ぶタイプだったので、そうではない後輩に教えるのは、なかなか難しい。今はいろいろな先輩から指導していただいた経験をもとに、効率よくスキルアップできる指導方法を模索しています。エルザにはライセンス制度があるので、自分の得意・不得意がひと目でわかり便利です。タイミングやよく当たる症例によって、どうしても個人の習得できるスキルに偏りが出てしまうことが多いですが、この制度のおかげで平等に学ぶ機会をいただけています。

また、入職前は専門卒の子に遅れをとらないか不安でしたが、朝や夜の自主的な勉強はもちろん、実際に働きながら学べますし、研修も充実しているので問題なく追いつくことができます。学部卒で不安な方も、動物を助けたいという強い気持ちがあるなら、ぜひチャレンジして欲しいです。一緒に努力していきましょう。

FLOW OF CAREER UP

  • STEP 01

  • STEP 02

  • STEP 03

  • STEP 04

  • STEP 05

SCHEDULE

  • 始業前

  • 8:30

  • 9:00

  • 12:00

  • 15:00

  • 16:30

インタビュー一覧へ