エルザ動物病院グループ採用情報

INTERVIEW BUILT TOGETHER, AN ANIMAL HOSPITAL JUST AS IT WAS MADE TO BE

14

1995年入職
動物看護師 介護チーム

平野 美幸

MIYUKI HIRANO

兵庫県相生市出身

さまざまな人の意見を取り入れ
これからもこの組織は成長を続けていく。

BUILT TOGETHER, AN ANIMAL HOSPITAL JUST AS IT WAS MADE TO BE

01

私は物心ついたときから色々な動物が身近にいたので、動物に関わる仕事がしたいと自然に考えるようになり、動物看護師の資格を取得できる専門学校に入学。就職活動の際は、飼育員を目指すことも考えましたが、病気の動物を助けることができる点に魅力を感じて、動物看護師を目指しました。

やりがいが大きい一方で、動物の命に関わるという役割に最初は不安も感じました。でも、エルザの実習に参加した際に、動物看護師も動物やその飼主さまに貢献できることが想像以上に多く、感銘を受けたのです。獣医師も動物看護師に対して敬意を払い、病院全体がお互いを大切にしているという雰囲気に惹かれ、エルザで働きたいと強く思いました。

02

私が入職した頃のエルザはスタッフがまだ10名ぐらいの動物病院。今のようなグループとしての大きな姿をふと考えた際、不思議な気持ちにもなります。思い起こせば、当時から長谷院長は常に先を見据えて、動物と飼主さまのことを一番に考えて、現状より少しでも良い病院にするための改革を繰り返していました。だからこそ、飼主さまからいただく意見をもとに夜間診療や高度医療なども取り入れ、地域のみなさまに愛される大きな動物病院に成長したのだと思います。

また、動物看護師を含めたスタッフの意見も丁寧に聞いてくださいます。エルザオリジナルの教育制度であるライセンス制度も、スタッフからの意見をきっかけに導入されたもの。そうやって一緒に病院をつくり上げてきたので、スタッフはみんなエルザに深い愛着を持っています。全員で意見を出し合いつくり上げていくからこそ、お互いが認め合って良いチームワークを築くことができていると思います。

03

仕事をする上で大切にしているのは、どんなに忙しくても、笑顔で話しかけやすい雰囲気をつくること。不安を抱えていらっしゃる飼主さまがほとんどなので、少しでもその不安を取り除いてあげたいのです。獣医師にはなかなか聞けない悩みも、動物看護師になら話せるような雰囲気をつくりたいと思っています。

そんな私がこれから特に力を入れていきたいのが、犬の介護についての知識を広めること。人間と違って、犬の介護はまだまだ情報が少ないので、孤独を感じてしまう方が多いようです。今まで犬と飼主さまが幸せに暮らしてきたのに、最後が辛い思い出になってしまうのは悲しいですよね。ですから定期的にセミナーを開いて、積極的に発信をしています。セミナーへの参加を通じて飼主さま同士の交流もできますし、ネットに掲載されているような簡単な情報に関しても、改めて動物看護師から聞くと安心できる方もいらっしゃいます。規模の大きな病院だからこそ影響力もあると思うので、これからも情報発信を通して、悲しい思いをする動物や飼主さまを減らせるように努めます。

FLOW OF CAREER UP

  • STEP 01

  • STEP 02

  • STEP 03

  • STEP 04

  • STEP 05

  • STEP 06

  • STEP 07

SCHEDULE

  • 始業前

  • 8:15

  • 9:00

  • 12:00

  • 15:00

  • 17:00

  • 20:15

MESSAGE

動物病院への就職を検討している皆さんの中には、動物たちに色々な想いを持っている方が多くいると思います。
エルザでは、動物の事を第一に考えながらチームワークを大切にして働いています。
同じ気持ちで働いてくれる方にお会いできることを楽しみにしています!

インタビュー一覧へ