エルザ動物病院のスタッフメッセージ

獣医師

帯広畜産大学

獣医師 丹下 真由美

獣医師 丹下 真由美
帯広畜産大学
畜産学部 獣医学科
家畜臨床繁殖学研究室

情報収集も助け合えるから
純粋に動物と向き合えています。

動物病院では日々の診察のほかにも、最新の医療機器や治療方法、新しい薬の情報など、知らなければいけないことがたくさんあります。それら全部を個人で把握するのは大変なこと。病院組織として役割分担して集めた情報を共有できるからこそ、獣医師は治療に集中できることが多いですね。

北里大学

獣医師 中田 雄三

獣医師 中田 雄三
北里大学
獣医学部 獣医学科
内科学研究室

得意分野をもってスペシャリストになろう。
病院全体で、意識を高くして取り組んでいます。

獣医師として基本的な技術と知識を深めながら、さらに一人ひとりが得意分野を持とう!というのがエルザの考えです。眼科、神経科、腫瘍科など、関心のある分野を勉強できます。私は眼科を専門にしたくて学会参加や白内障手術ができる機械の購入も叶えてもらいました。

麻布大学

獣医師 佐伯 俊樹

獣医師 佐伯 俊樹
麻布大学
獣医学部 獣医学科
伝染病学研究室

看護師の技術も高めていく。
最新の医療技術が地元にある信頼をつくります。

チーム医療の利点はお互いに技術を高め合えるところです。1人や2人の規模だとどうしても個人の心持ちが大きく左右しますが、仲間がいることで競いながら高めあうことができます。自分で考えて判断する力を大切にレベルの高い動物医療を目指します。

大阪府立大学

獣医師 片岡 篤彦

獣医師 片岡 篤彦
大阪府立大学
農学部 獣医学科
特殊診断治療学研究室

能力とチャンスがうまく出会える環境。
手術件数が多いから経験も腕も磨けます。

獣医師になって1年目から内視鏡や胃切開、整形などの手術も経験することができ、自分の成長につながりました。去勢や避妊の手術も切る、縫うだけでなく、麻酔の管理に一番神経を使います。そういう現場を若い時から先輩のサポートを受けながら経験できる環境がエルザのよいところですね。

鳥取大学

獣医師 東中 翠

獣医師 東中 翠
鳥取大学
農学部 獣医学科
病理学研究室

病院内のセミナーも充実。
知りたいことを学べるから頑張れます。

学会だけでなく、病院に講師を招いたセミナーも行っています。製薬会社から新薬の説明や眼科専門医の講習会など、少人数で直接学びたいことを聞けるのは獣医師としての成長につながります。向上心に応えてくれるのは本当にありがたいし、嬉しいですね。

山口大学

獣医師 時政 陽雄

獣医師 時政 陽雄
山口大学
共同獣医学部
獣医内科学研究室

看護師さんたちに感謝。
飼主さまと僕ら3人の関係を大切にします。

リハビリなど時間がかかる治療は入院も必要です。日々のリハビリを担当してくれる看護師さんがいるから、早く回復でき元気な姿を取り戻せます。だから看護師さんとのコミュニケーションは大事にしています。飼主さまを含めた3人の信頼関係があっての治療ですから。

鹿児島大学

獣医師 矢崎 達也

獣医師 矢崎 達也
鹿児島大学
共同獣医学部 獣医学科
生理学研究室

教育プログラムがあるから若手が育つ。
教えることも、勉強になります。

数年前から若手獣医師の教育プログラムを組んで、学べる環境を整えています。複数の経験豊富な先生が指導にあたり、直接相談できるのは規模の大きな病院の強みです。また、3年目以降は指導する立場も経験できるので、教えることでさらに成長できる環境です。

新卒採用 IN Facebook
ページTOPへ
© ELSA ANIMAL HOSPITAL. ALL RIGHTS RESERVED.