獣医師 丹下 真由美のキャリアステップ

丹下 真由美 Mayumi Tange

姫路エルザ動物病院 副院長
獣医師免許取得年 1998年

入社2年目 
香寺エルザ動物病院

EPISODE.1

夜間救急診療に一人で入り始めた頃、私の自信のない態度に不安を覚えた飼主さまからお叱りを受けることがありました。結局、院長を呼び出すことに。飼主さまにとって、若手であろうがベテランであろうが獣医師は獣医師。飼主さまの不安を取り除き、信頼してもらうことも仕事の一部だと知りました。

入社4年目 
姫路エルザ動物病院

EPISODE.2

糖尿病の猫を初診から診療したときのことです。治療経過良好な時期があったものの、症状の進行に伴い、やがて制御困難に。治療の方針、今後の見通しの説明、許容範囲の治療など、飼主さまとじっくり話をして決めながらの懸命な治療、そして最期。助けることはできませんでしたが、時間をかけて一つの命に向き合った経験は、いまに活きています。

入社6年目 
どい動物病院龍野エルザ 副院長

EPISODE.3

人に任せることや後輩に注意することが苦手で、自分の仕事ばかりが増えていくことがありました。立場上、病院全体のことも考えて動かなければならないのに、目の前の業務に追われて全く出来ていませんでした。まだ苦手ではありますが、院長やベテラン動物看護師からのアドバイスを受けながら、周りの人に任せながら、徐々に全体を見られるようになりました。

入社9年目 
姫路エルザ動物病院 診療リーダー

入社14年目 
姫路エルザ動物病院 副院長

ページTOPへ
© ELSA ANIMAL HOSPITAL. ALL RIGHTS RESERVED.