エルザ動物病院グループ採用情報

CAREER STEP Educational environment of Elsa

実践の環境

EDUCATIONAL SUPPORT SYSTEM

実践の環境

POINT 01

十分な症例数

症例数は年間148,000件、手術数は年間7,000件あります。

POINT 02

広い動物の種類

コンパニオンアニマル(犬・猫)、エキゾチックアニマル(トリ・ウサギ・ハリネズミ・フェレットなど)、
野生鳥獣(大型鳥類・タヌキ・キツネ・シカ・サルなど)、動物園の野生動物(ライオン、トラ、ウシ、キリンなど)を扱っ ています。

動物看護師 小柴さん

エルザ動物病院では、姫路セントラルパークの大型動物たちを診療する先生や、ボランティア団体が保護した動物たちを診療する先生もいるよ。

POINT 03

専門性の高い特定症例の集約(18の診療科と23の専門チーム)

グループ内での紹介によって、専門性の高い症例を各専門チームに集約しているので、
興味のある分野を更に深めることができます。また、各診療科のスタッフが参加した学会やセミナーの内容は、
学会報告会(年6回)や症例検討会(毎月1回以上)にて全スタッフに共有されるので、
あらゆる分野の最新知見を学ぶことができます。

獣医師 上園先生

僕は今、腹腔鏡や消化器科を専門的に学んでいます!この分野に関しては誰にも負けないように日々経験を積んでいるところだよ。

POINT 04

高度医療機器設備の充実

エルザ動物医療センターはMRIやCT、Cアームといった高度な医療機器があります。
MRIを置いている動物病院は全国的にも少なく、エルザ動物医療センターは設備が充実した日本最大級の総合病院です。

獣医師 篠原先生

僕はCTやMRIを導入している大きめの病院のほうができることも多いと思ったので、1次診療から2次診療までできる病院を探していたところエルザ動物病院を見つけたんだ。