エルザの求める人物像

求める人物像

1. 動物・人に対する思いやりの心を持っている人

エルザ動物病院では動物に関わる物事を判断する際、人間の立場や都合を優先するのではなく 動物自身のことを優先して、動物の立場に立って考えることが大前提です。そこには動物に対する真の思いやりの精神がなくてはならないと考えています。また 飼い主様は不安を持って来院されますが、エルザ動物病院ではそれらの不安に対して思いやりを持って温かく接し、「この人たちなら大丈夫」と安心を託される病院でありたいと思います。

2. 自立心をもち、実行力と責任感を持っている人

動物診療やそれを支える業務を行うにあたっては、いくら思いやりがあっても受け身の姿勢で待っていたのでは、目的を達成することはできません。
自分が自ら、他の人に先んじて進み出て、関与し、行動できる人は、業務を面白く感じるので、ますます自分自身のスキルアップができるようになります。

3. 素直・誠実であり、向上心を持っている人

例えば、質の高いチーム医療を行う場合は、自分一人の考えで診療していては成り立ちません。チームのスタッフと様々な情報を共有し、お互いが素直に議論を行い、誠実に協力し合うことが必要です。
向上心がある人は、チーム医療を行う中で、高度な医療への興味関心が生まれ、さらに向上心が磨かれ、より質の高い診療へ成長することができると考えています。

4. 協調性を持ち、対人力・会話力がある人

動物への思いやりや知識・能力があっても、自分一人で完結していたのでは、質の高いチーム医療によって動物の健康を守り、飼い主様に安心を提供することはできません。チームのメンバーとコミュニケーションをとって協力して治療を行ったり、飼い主様へ診療方針や動物の状況を正確に伝えるには、協調性や、対人力・会話力が重要です。

5. 論理的で柔軟な考え方ができる人

物言わぬ動物の診療は動物の状態を正確に把握し、十分な観察の下で治療を行います。その為には非常に多くの煩雑な検査や業務を行うことが必要となります。
少しでも多くの動物の健康と幸せを守る為には、それらを効率よく処理して行かなくてはなりません。

ページTOPへ
© ELSA ANIMAL HOSPITAL. ALL RIGHTS RESERVED.